JA北越後の特産品「和牛」

和牛

清らかな雪どけ水と澄んだ空気。
新潟の自然に囲まれて育った「にいがた和牛」は、安全で安心、上質な味わいが自慢です。
素材の良さを生かした調理方法で、「にいがた和牛」のゆたかな風味とまろやかな旨みがさらに引き立ちます。

概要

1.組織体制と銘柄化の経緯

県の畜産協会、全農にいがた他23会員で「にいがた和牛推進協議会」が組織され、新潟県産和牛の品質評価を高めるため県統一ブランドとして「にいがた和牛」の一本化を図り、黒毛和種の品質向上に努めています。

当JAでは繁殖・肉牛専門部会が22戸で、そのうち16戸が肥育牛農家で、県をあげての「にいがた和牛」生産振興から、年々和牛の肥育頭数が増えております。

管内では今年度肉牛全体で500頭余りの出荷を予定しており、その内「にいがた和牛」として出荷を目指すのは約130頭です。

2.にいがた和牛4つの要件

  • (1)黒毛和種の去勢牛又は、未経産牛であり血統が明確であるもの。
  • (2)新潟県内で肥育され最長飼養地が新潟県内であるもの。
  • (3)品質規格等級において「A」「B」3等級以上のもの。
  • (4)家畜個体識別システムにより、生産から出荷までの移動履歴が確認できるもの。