トップページ  >  JA北越後の特産品

JA北越後の特産品

ネギ

JA北越後のねぎは、砂丘地を中心に栽培されております。春ねぎ(4月~出荷)、夏ねぎ(7月~出荷)、秋冬ねぎ(10月~出荷)とほぼ一年をとおして出荷しております。特に、秋冬ものは、甘味が多く、柔らかさが特徴です。また、出荷前に独自に残留農薬調査を行い、安全・安心を確信しております。品質では、共選共販による品質安定をはかり、消費者信頼に向け取り組んでおります。

栽培地域:
  • 紫雲寺地区
  • 聖籠地区
  • 佐々木地区
  • 加治地区

●「ネギ」 旬のカレンダー



チューリップ

JA北越後のチューリップ切花は、花色・花型140種類あり11月~3月までの期間出荷しています。厳しい冬の寒さによって美しく発色するのが特徴の一つとなっています。品質では共選共販による切り前を一定にし規格基準を守り、一本づつ丁寧に行い品質の揃ったものをお届けしております。
 花の消費は低迷しておりますが、花を楽しむ文化を定着させ、消費拡大に向け取り組んでおります。

栽培地域:
  • 紫雲寺地区
  • 豊浦地区
  • 聖籠地区
  • 新発田地区

●「チューリップ」 旬のカレンダー



越後姫

JA北越後の越後姫は紫雲寺支店管内を中心に生産されています。10月~5月までの長い期間、収穫出荷されています。糖度が高く、酸味とのバランスが良いイチゴです。また、濃厚で豊かな香りがあります。主に県内に出荷されており、スーパー等で買う事ができます。

栽培地域:
  • 紫雲寺地区
  • 佐々木地区
  • 聖籠地区
  • 加治地区

  • 川東地区
  • 新発田地区

●「越後姫」 旬のカレンダー



「北越後米」は、新潟県北部に位置する飯豊連峰に源を発する加治川流域に広がった豊かな大地の中で育てられています。

栽培地域:
  • 管内全域

●「米」 旬のカレンダー



アスパラガス

JA北越後のアスパラガスは、品種はグリーンタワーなどが栽培されています。青果物集出荷センターの共選場を通して品質のよいアスパラガスだけを出荷しています。

栽培地域:
  • 管内全域

●「アスパラガス」 旬のカレンダー



さくらんぼ

海沿いの砂丘地では、梨、ぶどうなどさまざまな果実が栽培されていますが、中でもさくらんぼは、地質も適しており、新潟県内一の産地となっております。ぎりぎりまで実らせた大玉のさくらんぼ。濃厚な甘さとジューシーさで、山形産にも負けない評価を受けています。

栽培地域:
  • 聖籠地区
  • 五十公野地区

●「さくらんぼ」 旬のカレンダー
さくらんぼ



和牛

清らかな雪どけ水と澄んだ空気。
新潟の自然に囲まれて育った「にいがた和牛」は、安全で安心、上質な味わいが自慢です。
素材の良さを生かした調理方法で、「にいがた和牛」のゆたかな風味とまろやかな旨みがさらに引き立ちます。

飼育地域:
  • 豊浦地区
  • 佐々木地区
  • 加治地区
  • 五十公野地区

●「和牛」 旬のカレンダー



パイオニアポーク

平成3年に畜産部会を組織し豚会員と経済連(当時)、紫雲寺町(当時)、JA紫雲寺町(当時)が一体となって豚の改良、飼育技術の向上に取り組み、県内でも有数の高品質肉豚の産地となりました。それを受け平成6年に銘柄化が提案され、町のイメージ・美味しそうなもの、親しみやすいもの等を考慮し、「しうんじパイオニアポーク」と名づけられました。
 平成9年広域JA合併によりJA北越後へ、平成17年広域市町村合併により新発田市となり管内の指定農家の肉豚を「北越後パイオニアポーク」に統一し、現在に至っています。

飼育地域:
  • 紫雲寺地区
  • 松浦地区
  • 管谷地区

●「パイオニアポーク」 旬のカレンダー



オクラ

JA北越後のオクラは、豊浦・松浦地区を中心に約70戸の農家によって栽培されております。昨年は、出荷販売額で、3,260万円を達成し、新潟県内シェア43%となり県内1位です。

栽培地域:
  • 全域

●「オクラ」 旬のカレンダー