砂里芋

一躍人気になった、砂地で育つブランドサトイモ。

砂里芋

砂里芋(さりいも)は、新潟県北部下越地方の海岸にある砂地で採れるサトイモのことを指します。JA北越後が商標登録をしていて、品種は「大和早生」という里芋です。本来、里芋は砂地には合わないとされていましたが、砂地で作ることにより、芋肌が白くてきれい、ぬめり感が強い、身の締まりがよく煮崩れしにくい、養分が蓄えられ芋の旨味がしっかり乗っている、という特徴が生まれました。キメ細かな肉質とネットリもっちりな食感が評判を呼び、2016年10月15日放送の「満天★青空レストラン」というテレビ番組でも紹介されました。

お問い合わせはinfo@ja-kitaechigo.or.jpまでEメールをいただくか、ホームページにある「お問い合わせ」ページよりお願いいたします。