JA北越後

最新情報

協議会員の増加をバネに活気ある直売所作りを

2019年02月20日トピックス

協議会員らを激励する山口会長

日付2/19

JA北越後農産物直売所出荷者協議会は、新発田市内にて通常総会を開きました。関係者ら52人が参加。事業報告など全4号議案が承認され、役員改選が行われました。会長は山口捷子さん、副会長に高橋明美さんと、新副会長に見田儀尚さんが就任しました。質疑応答では、協議会員から「直売所施設の設備改善や拡大」等の意見があがりました。

また、通常総会後には、片倉コープアグリ㈱の結城健志課長補佐による「野菜の微量要素欠乏症について」の講演会が行われました。各種野菜の微量要素欠乏症発症時と通常時の違いを写真で比較しながら解説しました。ネギ黄化症の原因の一つであるカルシウム不足の対策による根粘りの比較なども説明し、会員の皆さんは熱心に講演を聞いていました。

同協議会の山口会長は「私たちは、安心・安全・感謝の言葉を大切に取り組んでいます。協議会員は年々増加し、今では239人になりました。また、JA北越後の新本店も建設中であり、完成すれば更に活気あふれる農協になると思います。このメンバー全員で、新たな計画達成に向け、新しい直売所づくりに励みましょう」と参加者らに呼びかけました。

カテゴリー
アーカイブ
« 前のページへ戻る« トップへ戻る