JA北越後

最新情報

降雪少なく例年より出荷早まる予想

2019年03月22日トピックス

栽培管理について説明する保苅課長代理

日付3/14

JA北越後のアスパラガス部会は、青果物集出荷センターで、アスパラガスの栽培指導会を開きました。生産者ら17人が参加し、新発田農業普及指導センターの保苅洋一課長代理の指導のもと、春採り収穫までの作業の流れや病害虫対策、生理障害発生時の対策などを学びました。また、同JA園芸振興課の太田一枝課長補佐が、栽培管理日誌の記帳方法や農薬使用時の注意点などを説明しました。

病気の原因になる残茎は圃場外へ持ち出すこと。また、昨年茎枯病が発生した圃場ではバーナーで2度焼却し、1mを約1分かけて丁寧に焼却するよう説明しました。立茎の方法については、出来の良いものを選びながら立茎する順次立茎を推奨し、茎同士の感覚を20センチ程度確保しながら立茎するよう話しました。農薬の使用については、使用前にアスパラガスに使用可能か必ず確認し、使用料や使用回数を守ること。また風などの影響で隣人の圃場と作物に農薬が付かないよう、使用する際には注意するよう補足説明しました。

保苅課長代理は「春はアスパラガス栽培管理における要の時期です。気象変動に注意しながら、徹底した管理をお願いします」と呼びかけました。

カテゴリー
アーカイブ
« 前のページへ戻る« トップへ戻る