JA北越後

最新情報

夏日のなか親子総勢65人で元気に田植え体験

2019年06月11日トピックス

一生懸命田植えをする子どもたち

日付 5/26

 

JA北越後青壮年部と女性部が主体となり、「JA北越後田植えイベント」を開きました。4回目となる今回のイベントは、新発田市島潟に建設中の本店傍にある圃場で行われました。県内より参加者65人を招き、関係者含め総勢134人でのイベントとなりました。

田植え体験では、参加者と関係者が田んぼに素足で入り、田植えを行いました。田植え指導は、青壮年部とJA職員で担当し、田んぼには、事前に型付け具で四角形の線をつけ、その頂点をめがけて植えるように指導しました。参加者は慣れない足取りで泥まみれになりながらも、一生懸命に苗を植えていました。

田植え後には、全農にいがた協力のもと、田んぼの生き物調査を行いました。子どもたちは採取したカエルやオタマジャクシに興奮していました。

田植え体験後には、女性部がアスパラガスとミニトマトを添えた彩り鮮やかな米粉カレーライスを振る舞いました。女性部部長の櫻井美代子さんは「食材はすべて北越後の直売所のものを使用しました。参加者から美味しいと言ってもらって良かったです」と思いを語りました。イベントでは、フリーランスのラジオパーソナリティなどで活躍する海津ゆうこさんを迎え、MCで会場を盛り上げました。

昼食後には、笹団子作り体験を行い、女性部の高崎信子さんが講師を勤めました。団子を笹に包むときなど、参加者は苦戦しながらも真剣な表情で取り組んでいました。

イベントの参加者は「暑い中の一日でしたが、田植えや笹団子作りなど良い経験ができました。稲刈りも参加したいです。家族みんなお米が大好きなので、これからもたくさん食べたいと思います」と振り返りました。

カテゴリー
アーカイブ
« 前のページへ戻る« トップへ戻る